DMA(ディープM&A)

山一證券のM&AビジネスモデルはDMA(ディープM&A)です。

  1. 企業トップに対して「直接」提案
  2. 課題に対する「解決策」を提案
  3. ディープ提案⇒「ディープ・ニーズ発見」による「差別化」提案
  4. ファンドからのエクイティ受け入れ提案
  5. トップ人事提案(トップ人事紹介)
  6. スキーム、コンプラ・ガバナンス進化提案(「法務・会計」事務所との業務提携)

DMA(ディープM&A)” に対して1件のコメントがあります。

  1. ポールサイモン より:

    すばらしいビジネスモデルですね!
    あこがれます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

人と情報の時代